ハーレー情報WEBサイト 世界ナンバー1大型バイク

ハーレーならではの魅力 重低音マフラー

ハーレーエンジン

ハーレーを語るうえで絶対に欠かせないのが、多くのファンを魅了しているマフラーの重低音です。エンジンの躍動感と合わせて重低音マフラーを楽しむという人が多く、ハーレーならではの魅力として知られています。

そんなハーレーの重低音マフラーは実はカスタムの一つで、元々ハーレーのマフラー全てが重低音であるというわけではありません。本来のハーレーのマフラーは高音もある程度出していますし、ある程度低音も出ていますが重低音と言えるほどではないです。そもそも重低音になるのは排気量の大きさやマフラーの構造によるものなので、ハーレーの種類によっては高音が強く出るものも少なくありません。

ハーレーツーリング

そのため重低音マフラーにするためにはマフラーそのものを重低音が出るものにカスタマイズする必要がありますし、素材にもこだわる必要があります。素材によっては大音量で重低音を出せるものもありますし、音を押さえながら重さを楽しめるものもあるので好みによって素材を含めてカスタマイズするのがおすすめです。

ほかにもハーレーを購入する時にマフラー選びを慎重に行うことでも重低音の度合いを楽しめるようになっているので、購入する際にはポイントとして重視するのが大切だとされています。それほどハーレー乗りにとっては重低音マフラーは大切な要素となっているので、初めてハーレーを体験する人や購入を検討する人には重低音マフラーの魅力を知ってほしいと考えている人は多いです。

無限に広がる可能性 ハーレーのカスタム

ハーレーヘッドライト

ハーレーはノーマル状態で乗ってももちろんカッコいいですが、カスタムする事で世界にひとつしかないバイクにする事も出来ます。それはカスタムパーツが他のバイクとは比べ物にならないほど豊富にあるからです。テーマも未来的なものやチョッパーのようにいくつもあり、その中でもまた細かく分かれています。ハンドルやシートやミラーといった基本的なものでも多くの種類の中から選ぶ事が出来るので、組み合わせは非常に膨大になります。エアクリーナーやキャブレターやスイッチ類など標準装備から変更する事が出来ない部分がないのでないかというぐらい、様々なパーツがあります。

カスタムには大きく分けてふたつの方法があります。まずボルトオンという方法で、これはボルトで止めるだけなので少しバイクをいじった事がある人ならば比較的簡単に出来ます。ハーレー専用のものはたくさんあるので、まず少しでも変更したい場合はここから始めるのが簡単です。人と違ったものがいいのであればワンオフパーツを作製する方法があります。自分が目指すカスタムをするのであれば、ワンオフパーツを作製してくれるカスタムショップを探すのがいいです。カスタムショップは得意なスタイルがあるのでイメージに近いショップを選ぶのが重要で、コンプリート車を購入する方法もあります。カスタムはハーレーの基本中の基本で全くのノーマル車で乗る方が珍しいです。雑誌やウェブなどで参考になるバイクはたくさんあるので、カスタムの参考にするといいです。

ハーレーツーリング